スペイン語の単語は、当然のことながら日本語とはまったく違うため、覚えるのはけっこう大変ですね。単語カードを作ったり、何度も書いて覚えたり、単語を書いた紙をあちこちに貼ったりなど。せっかく覚えてもすぐ忘れてしまうなんてこともあるでしょう。スペイン語の単語の覚え方は人それぞれですが、最近人気があるのが、任天堂DSの「右脳を鍛える」シリーズです。これは、1日7分でできる簡単なゲームを行うだけで、記憶力を数十倍以上に上げることができるというもの。この方法を使えば、3時間の勉強を10分で終わらせることができるため、覚えられる単語の量が飛躍的に増えます。それも無理してではなく、簡単に覚えることができるのです。任天堂DSの「右脳を鍛える」シリーズで、まったく新しいスペイン語の単語暗記法をぜひ体験してみるといいでしょう。一方、地道に単語を覚えてたいという人には、単語帳で覚えるというオーソドックスな方法がオススメ。まずは、自分が気にいったスペイン語が収録されている単語帳を買ってきます。それを片っ端から覚えていくわけですが、ただ見ているだけではダメ。今日はどこまで覚えるぞと決め、その箇所を繰り返し何度も見て頭に叩き込むことです。そして、決めたところまでは、どのようなことがあろうとも覚えることが大切。ただし、覚える量が多すぎると挫折してしまうので、できる範囲で行うことです。ちょっとした空き時間でも利用すると、次第に力がついてきます。それと忘れることを恐れないこともポイント。人間は忘れる生き物であると割り切ると、ストレスにはなりません。毎日地道に覚える、これが一番大事ですー